山坂書房とは

TOPへ


◆はじまり

 

「山坂書房」とは2006年7月2日に結成された
山坂ヨサンセン(三好吾一、大西真人)の主宰する
自費出版漫画グループの名称です。

主な出版物として、現在のところ年1・2回の発行を予定している
「漫画雑誌 山坂」があります。

その他、 個人誌、別冊誌なども企画検討中です。

 

事の発端は、山坂ヨサンセンというインディーズ漫画家の
作品発表の場として、恐る恐るお互いを牽制し合うように

始められた机上の出版活動だったのですが、

偶然にも漫画を寄稿してもらえるチャンスに恵まれ一念発起、

重たい腰を持ち上げ細々と活動を本格スタート。

 

紆余曲折を経て、現在に至るというわけです。

 

◆理想

 

そもそもは藤子不二雄Aの名著「まんが道」にあこがれ、

二人の軽いノリで始めた同人活動でしたが、

根がマジメな二人は冊子を作るにあたって、いくつかの約束事を決めました。

 

一、ぼくたちの表現で誰かを傷つけるようなことは、なるべく避けよう。

一、漫画に誠実さをもって、丁寧に描こう。

一、過激さ過剰さを求めるのなら、他所でやろう。

 

なんでもありの自費出版界であっても、一定のモラルと良識を

持ち合わせた漫画作品を、山坂書房は生み出したいと考えています。

慎ましく、しかし凛と胸を張って。

 

◆活動報告

 

山坂書房の活動の記録です。 

TOPへ